ダウンロード販売

  • 動画ダウンロード販売
    Office Lady Special関連の作品のうち、ダウンロードで購入可能な作品の一覧です。分野別、ブランド別に整理してあります。
  • 写真集ダウンロード販売
    Office Lady Special のほとんどすべての作品をGcolleにてダウンロード販売しています。お好きな作品のみの単品販売からお得なセット販売まで対応。

« 謹賀新年 | メイン | こんなのあったらいいな(5) »

2014年1月 8日 (水)

マネージャー1日体験(最終回)


 

 マネージャー1日体験 (1)はこちら   (2)はこちら  (3)はこちら


 ハーフタイムの間に強くなった雨は弱まる気配はなく、このまま後半が始まってしまいそうな雰囲気だ。スーツ姿の新入生のマネージャー志望の絵里子たちはみんな不安げにグラウンドを見ている。
 後半が始まる頃になって、幸いにも雨足は若干弱まったが、それでもこんな雨の中で傘もささずにいたらすぐにずぶ濡れになってなってしまうだろう。
 そんな絵里子たちの不安を先輩マネージャー達が払拭してくれた。おりたたみ傘をマネージャー体験会に来た絵里子たち新入生に手渡してくれたのだ。
傘は絵里子たち新入生の人数分は十分に足りるほどであった。折りたたみ傘は、どうやら体験会参加者のために常備されているものらしかった。

 「私たち正部員は、遠征のときは雨でも傘をささないことになっているんだけど、みんなは気にしないで傘さしていいからね。呼ぶまでここにいてね。」
 新人監督らしきリーダーのマネージャーは、そう言うと、雨の降りしきる中、スーツが濡れてしまうのもお構いなしにベンチの方に向かって小走りでかけていき、雨で濡れているベンチに何の躊躇もなく座った。
 そのことを確認すると、後から他の先輩マネージャー達が一斉にかけて行って、後半開始のために準備をした。準備が終わると、先ほどと同じようにリーダーマネージャーの後ろに直立不動で立っている。立っているのは2年生や3年生の女子マネージャーらしい。
 ベンチに屋根が付いていれば濡れずに済むのに、ここでは雨が否応が無しにふりかかってくるため、先輩たちはすでに髪の毛からも雨が滴り、スーツはジャケットもスカートもずぶ濡れになっている。これぞまさに体育会系の女子マネージャーの姿といったところだ。

 いよいよ後半の開始のようで両チームの選手たちがグラウンドに入っていく。
 「みんな来て!」
 リーダーが絵里子たちを呼んだので、傘をさしながらベンチの方に小走りで走っていく。みんなスーツに雨がふりかかったり、泥ハネがとばないように気にしていたが、まだかなり強い雨なので、パンプスはすぐさまびしょ濡れとなり雨水が中に入っていく。
 時折、風がふくと横なぐりの雨がスーツ全体にかかってしまうほどだった。絵里子たちはスーツが濡れないように傘を傾けたりと色々工夫している。そのことばかり気を取られていて試合にあまり集中できずにいる。一方、先輩たちは、スーツ姿で雨に打たれてさらにすごい状態になっている。

 前半に取られた2点を追いかける水光大学は、後半はかなり攻撃的な布陣で相手陣内に入り込み多くのチャンスを生み出していた。
 逆転は難しくてもなんとか同点に追いつけるのではないかというくらいの勢いだった。そんなベンチの希望を叶えるかのように後半の早い時間帯で1点を返すことに成功した。
 しかし、まだまだ攻めなくてはならない。スーツ姿でずぶ濡れの先輩マネージャー達の声も大きくなっていく。絵里子たちも次第に試合の応援に熱が入っていった。
 そんな絵里子たちの願いが通じたのか、前半になかなか奪えなかったゴールが立て続けに決まり同点に追いついた。ベンチの先輩マネジャーや控え選手たちは全身ずぶ濡れの姿で喜び合っている。

 そんな先輩たちの様子を遠巻きに傘をさしながら観戦している絵里子たち新入生は、その輪の中に入ることもできず、どこかきまりが悪く感じていた。

 「私、入部することに決めた!選手もマネージャーさんたちも仲がよくて団結力あるみたいだし。そんな先輩たちと一緒にやっていきたいかも。」
 絵里子の隣に立っていた彩華がそうつぶやいた。
 「うん、私も。」
 「私も!」
 「私も決めた。」

 いつのまにか絵里子以外の4人は入部を決意したようだ。そして、顔を見合わせながら傘を折りたたんだ。その突然の行為に絵里子は驚いた。
 実は、絵里子も先輩たちの人柄や仲の良さに安心し、入部の意志をほぼかためていたが、だからといってスーツ姿のまま先輩たちと同じように雨に打たれる必要はないと思った。
 しかし、他の4人が雨に打たれながら応援しているのに、自分だけ傘をさしているのは気まずかった。もし、この光景を先輩たちに振り向かれて見られでもしたらと思うと内心焦っていた。

 絵里子はふと心の中で考えた。
 「 (入部しないならともかく、ほぼ気持ちはかたまっているんだし・・・もし、私だけ傘をさしてこのまま過ごしたとしたら、入部しずらくなっちゃう・・・。) 」
 絵里子以外の4人は、おろしたてに近いスーツに特有の撥水効果で、つい先ほどまでは雨をはじいていたはずだが、今はまるで全身水の中にしばらく浸かっていたかのような状態になっていた。絵里子も覚悟は決まった。

 「もし逆転したら、私たちも先輩たちの輪に入ろう!」
 そう言うと、絵里子は自分の運命を悟るとともに気持ちが吹っ切れ、傘をおりたたんだ。そして、他の4人と顔を合わせた。
 絵里子のチャコールグレーのスーツは、またたくまに水を吸収していき、ジャケットもスカートも黒く変色していった。

 「みんな・・・どうしたの。」
 驚いた表情でさっき絵里子たちに傘を手渡してくれたリーダーが声をかけてきた。その声に反応した他の先輩マネージャーや控えの選手たちも雨に打たれている絵里子たちの意外な行動に驚いている。
 「あっ、あの・・・」
 と彩華が何か言いかけると、すべてを理解したリーダーは絵里子たちをすぐさま手招きした。そして、絵里子たち5人を2、3年生のマネージャーたちと同じ列に並ばせた。

 そんなやり取りのあった直後であった。
 水光大学が逆転のゴールを決めた。絵里子たち新入生も先輩マネージャーも関係なく手をたたき合ったりして喜びを体現して感情を共有している。

 絵里子は大学に入学して初めて、自分が大学生らしい体験を仲間と一緒にしているんだと感じた。これぞ、まさしく青春そのものであった。

 そして、絵里子は、もう一つ誰にも言えないものも感じてしまった。それは、傘をたたんでから雨に濡れていったスーツが徐々に重くなって体を締めつけていったときの何とも言えない感触だった。
 ずっとこの状態のままだったとしたら、どんなに気持ちよいかと感じていた。裏地までずっしりと濡れたタイトスカートが太ももや脚にまとわりつくのも不快というよりは快感に絵里子には思えた。


 絵里子は、まさにこの不思議な感覚によって、心の奥底で静かに眠っていた何かが目覚めた瞬間であった。今後、マネージャー活動をしていくうえで、今日のようにスーツ姿で雨に濡れるという体験ができることを思い描いていた。(完)

 

コメント

>リクスー娘 大好き | さん

大学の運動部のマネージャーや応援団はたいていはスーツ(おそらくは就活にも兼用できるようにリクルートスーツ)を着用していますよね。

私もよく友人と大学のスポーツ観戦に行きますが、何度か運よく雨の日に遭遇したこともあります。(笑)

大学の運動部のマネージャーっていいですね。
リクスーフェチの人は大学のスポーツ観戦がおすすめですね。
関係者やマネージャーや応援団とかいて、数人はリクスーを着てると思うので目撃出来ますね(笑)

そんな時に、今回のようなブログのようなことがあったら最高にいいおもいをしますね(笑)

ただいいタイミングで雨が降ればいいですが少しずれるとガッカリすることもありますね(笑)

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。