ダウンロード販売

  • 最近の動画 ダウンロード販売
    泥んこMESSY作品集(DM3、DM6)、および、Office Lady Specialから2007年以降に発表した作品を順次ダウンロード販売していきます。
  • 旧作動画 ダウンロード販売
    Office Lady Special の2006年以前に発表した作品は適宜こちらでリリースしていきます。
  • 写真集ダウンロード販売
    Office Lady Special のほとんどすべての作品をGcolleにてダウンロード販売しています。お好きな作品のみの単品販売からお得なセット販売まで対応。
  • お水遊び&癒しダウンロード販売
    「お水遊び&癒し」シリーズの動画ダウンロード販売です。お好きなシーンの単品販売からお得なセット販売まであります!

« 「着衣海水浴」DL販売開始 | メイン | 謹賀新年 »

2013年12月21日 (土)

マネージャー1日体験(3)


 マネージャー1日体験 (1)はこちら   (2)はこちら


 絵里子たち一行は、練習試合の対戦相手の大学のサッカーグラウンドに到着した。試合前の練習で使用するボールやスポーツ飲料水の入った大きめの水筒を数本運ぶ必要があるが、女子マネージャーの体験会に参加している新入生の絵里子たちは、運ばなくても良いことになっていた。
 ただし、帰りの後かたずけでボールや水筒などをバスまで運んでくるのは体験会に参加している新入生の役目である。そのことは先ほど、バスの中で先輩マネージャーから一通りの説明を受けていた。
 他には試合中も特にすることはなく、先輩マネージャー達から何かお願いをされない限りは、先輩たちの様子を見ながら試合を観戦しててもよいとのことだった。

 今日は学外での活動なので、女子マネージャーたちは部の正装とされているスーツ姿だが、普段、学内での練習の際にはジャージ姿である。
 なぜならば、女子マネージャーは忙しく走り回り、ボールなどの準備や片づけ、泥だらけになった部員の練習着やユニフォームなどを洗うのが主な役目で、他にも練習中に時計をはかったり、笛を鳴らしたり、男子部員がけがなどをした際に、救急箱をもって駆けつけて処置を施すなど意外と仕事がある。雨が降ってもずぶ濡れになって男子選手たちのためにサポートする。それが女子マネージャーの役目である。

 しかし、他大学へ出向いていく練習試合やインカレなどの試合では、これといった仕事があるわけではない。したがって、今日の体験会では、絵里子たち新入生は、試合後にボールや水筒を運ぶ程度だ。
 万一、けが人が出た場合などの処置や、スコア記録などは先輩たちがやることになっていた。絵里子たち体験会参加者には、サッカー部の雰囲気を味わってもらおうというのが趣旨のようで、具体的な仕事というかお手伝いは、これといってないのだ。


 練習試合中は特に何も必要無いので、貴重品だけもってカバンなどの持ち物はバスの中に置いておくことになっていた。
 先輩女子マネージャーはボールや水筒を手分けして持っているが、体験会に参加している4人はただ、スーツ姿で手ぶらのまま男子部員や先輩女子マネージャーたちの後をついていった。

 試合前には部員たちは軽くダッシュをしたりボール回しをして体を温めて慣らしている。いよいよ、練習試合が始まろうとしている。ボールなどを片付けることとなったが、ここからが新入生たちの役目だ。当然とはいえ、絵里子たち4人のマネージャー志願者たちはぎこちない手つきでボールを拾って網の中に入れてまとめていく。水筒はベンチに持ってきて脇に置いた。グラウンドの準備も整い、間もなく試合開始だ。

 ベンチに座れる人数には限りがあり、さすがに体験会参加者の絵里子たちは、お客さんだとはいえ座ることができず立って観戦することとなった。
 ホイッスルが鳴りキックオフだ。
 試合が始まって前半も半ばを過ぎたがほとんどの間、ボールは絵里子が属する水光大学が支配している。シュートチャンスを何度も作っているが、ゴールネットを揺らしていない。得点までは時間の問題のように誰もが感じていた。
 しかし、ちょっとした油断から相手にゴールを決められてしまう。さらに、その数分後、自陣ペナルティーエリア内でハンドがあり退場の上にPKまでも与えてしまう。そのPKを確実に決められてしまい、あっという間に2点のビハインドになってしまった。

 5分前までは優勢だったのに一気に形勢逆転で追い詰められたような感じだ。水光大学のベンチはさっきまでの活気が嘘のように静まりかえっていた。いつの間にか空が先ほどよりも濃い灰色に変わっていた。午前中だというのに暗くなってきて、それがまるで先輩たちや絵里子たち新入生の心情を表しているかのようであった。

 「あっ、雨だ!」
 先輩マネージャーがつぶやいた。
 絵里子はしばらく空を見上げていると水滴が顔にあたった。まだ小雨ともいえず、時折ポツリと水滴が落ちてくる程度だ。しかし、試合は前半もまだ10分程度残しているうえに、ハーフタイムを挟んで後半だって残っている。
 この調子では雨足が強まってきて本降りになりそうな雰囲気であった。空が異常に暗く、天気の回復の見込みがありそうにない。
 雨が降っても試合が続行だということを先輩たちから説明を受けている絵里子たち新入生たちは、入学式で新調したばかりの真新しいスーツ姿を身にまとって、不安げな表情を浮かべながらグラウンドを走り回っている選手を応援している。しかし、空模様が気になるのか、時折、空を見上げる。

 やはり、間もなくポツリポツリの状態から、しとしとと小雨状態になってきた。このレベルであれば、まだ傘をささなくてもずぶ濡れにならないで済む感じである。
 そうはいいつつも、小雨の中に10分以上もベンチの後ろで立って応援している絵里子たちはもちろんのこと、控えの選手達や先輩女子マネージャー達も雨で濡れはじめていた。ベンチには屋根などついていないのだ。
 先輩女子マネージャー達はベンチに座っているので、スーツのタイトスカートにかなり雨がかかっている。そのため、濡れた箇所が水滴となっている女子や、撥水効果がないために既に水がしみてスカートの色が変色している女子もいた。
 その点、絵里子たちは立っているので、スカートはあまり濡れていないが髪の毛やジャケットの肩の部分はけっこう濡れ始めている。


 「(何とかこのくらいでおさまっていてくれれば・・・。)」
 と絵里子は心の中で願っていた。他の新入生たちも思っていることは絵里子と同じようで、試合どころではなく自分のスーツや他の女子達のスーツを見ることで自分のスーツの濡れ具合を推測しているようであった。

 意外にも前半中は雨がこれ以上は強くならなかった。ハーフタイムの間も依然として小雨であったが、両チームの部員やマネージャー達はさすがに雨ざらしのベンチから移動し、グラウンドに隣接する建物の軒下で雨を避けた。男子たちは後半の戦略について真剣に話し合っている。
 マネージャー達はちょっと離れたところで集まって雨に濡れないようにしているが、ハーフタイムの間にけっこう雨足が強くなってきた。地面をたたきつける音が先ほどよりも強くなった。

  スーツのまま雨に濡れてびしょ濡れになって応援する経験が先輩マネージャー達には今までに何度もあったのだろうか。これから雨に濡れることをそれほど気にしていない様子で談笑している。
 後半もこの状態のままだと、まるでスーツ姿のままずっとシャワーを浴びているのと同じようになってしまい、全身ずぶ濡れで、すごいことになってしまうことは容易に想像できる。

 絵里子はじめ、新入生のマネージャー志望の4人は、入学式でおろしたばかりで、まだ綺麗なスーツのまま雨に濡れるのには抵抗があるようで、雨がやむことを祈りながらグラウンドの方に視線を向けている・・・。 (最終回)へ続く

コメント

>リクスー娘 大好き さん

コメントどうもありがとうございます。
最終回は意外な展開になるかもしれません!(笑)

たしかに、サッカーに限らず大学のスポーツ部などのマネージャーは
スーツ着用していることが多いですよね。
女子学生が着るスーツは、たいていは、入学式できたものや
就活用のスーツでしょうから、いわゆるリクルートスーツであることが
一般的ですよね。自分で妄想を綴っていますが、いつか雨の中
リアル(人口雨ではなく)にずぶ濡れになるリクスー娘を撮ってみたいです。

お久しぶりです。WETストーリー楽しみに待ってました!スーツ姿の女子マネっていいですね。大学野球のマネージャーも公式戦とかではスーツ着ていますね。本当にこういうシーンありそうですね。生で観てみたいです!最終回楽しみにしていますよ!きっと試合が終わる前までに豪雨になってしまうと思いますが、その時の先輩女子マネや絵理子の行動やつぶやく言葉がとても気になります(笑)

>がっくん さん

どうもありがとうございます。
雨のシーンの映画やドラマは探しますと色々ありますが、リクルートスーツ姿で雨に豪快に濡れていくというシーンは観たことないですね。

さすがにこのストーリーの忠実な再現動画は不可能です。
しかし、来年は本格的な雨のウェットシーンを撮りたいなと密かに計画しています。
こればっかりは、天候次第ですしその天候に合わせてモデルやスタッフとの日程調整も難しい
ですし、撮影技術的にも難度が高いです。それだけに挑戦しがいがあります。
来年か、再来年か・・・気長にお待ちください。 いつかは実現させますので!

おひさしぶりになります。ストーリーいいですね。
こんなストーリーの映画とかありそうでないですよね。
管理人さんは映像化するお考えはないのですか?

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。