ダウンロード販売

  • 動画ダウンロード販売
    Office Lady Special関連の作品のうち、ダウンロードで購入可能な作品の一覧です。分野別、ブランド別に整理してあります。
  • 写真集ダウンロード販売
    Office Lady Special のほとんどすべての作品をGcolleにてダウンロード販売しています。お好きな作品のみの単品販売からお得なセット販売まで対応。

« 2011年12月 | メイン | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月26日 (木)

内定者対象「日帰り研修」(1)


 ここは都内からバスで数時間あまりの関東北部の高原にある小さなお寺。
 今、まさに、前年内定を決め、4月から入社予定の学生たちを対象とした新年恒例の「日帰り研修」が始まろうとしていた。

 某財閥系の商社では、毎年、新年早々に内定者を呼び出し、社会人の心構えやマナーはもちろんのこと、精神と体を鍛えあげる為にイベントとして「冬期研修」を開催している。

 バスは境内の入口で、絵里子たちをおろした。リクルートスーツに身を包んだ一団が不安げな表情であたりを見回しながら立っている。
 境内から本堂へと続く長い階段の上からざわざわと声が聞こえてえきた。すると、リクルートスーツ姿の男女たちがただならぬ様子で階段を降りてきた。
 遠くからでは分からなかったが、近くに彼ら彼女らが来ると、頭のてっぺんから靴まで全身びしょ濡れになっている者とそうでない者がいることに気がついた。
 タイトスカートやジャケットの裾から水が滴り落ちている女子も何人かおり、彼女たちは寒さに震えながら荷物の入ったカバンを持ってどこかに向かっている。その光景を絵里子は驚きの眼差しで眺めていた。

 ここのお寺は、さほど広くないからだろうか、この「日帰り研修」は内定者を先発組と後発組の2グループに分けて行われる。今、目撃したのは、先発組として参加していた者たちだ。
 絵里子を含む後発組の参加者たち一行は、言葉を失い、その一団の後ろ姿をただ呆然と見ている。

 絵里子は、就職活動中に使用していたチャコールグレーのリクルートスーツを着用している。
 今日の為にクリーニングしたばかりで綺麗だ。まだ入社前のイベントということもあり、髪型は敢えてリクルートスタイルで髪を後ろで結いてすっきりした印象だ。スタイル抜群の絵里子は良くスーツが似合っている。ジャケットから顔を覗かせているスキッパーブラウスの襟が初々しく白く輝いて見える。
 それだけに、移動のバスの中でついたタイトスカートの座りじわとジャケットの背中についたシワが、絵里子の端正な表情と綺麗に着こなされたリクルートスーツ姿の秩序を乱していた。

 引率の人事担当者が先導し、階段をのぼって本堂へと向かうよう号令をかけた。 内定者たちは、まだお互いのことを知らないが、びしょ濡れのリクルートスーツ姿の仲間を目撃した衝撃を隠しきれず、そのことについて話しながら階段をゆっくりとのぼり始めた。
 階段をのぼりきると目の前には本堂があり、和尚さんが入口で待っていた。これから座禅をやるのだ。本堂広間の横にあるのが座禅室らしく、一人ずつその部屋に通されていく。黒系統の無彩色のリクルートスーツ姿の集団で部屋は埋まっていった。

 座禅室の中に全員が入り終わると、間もなく和尚さんが自己紹介をし、座禅の説明をし始めた。
 「座禅の経験がある方も無い方もいるかと思いますが、30分間、呼吸の動き以外は微動だにせず、無心になって神経を集中させ瞑想に耽ってください。背骨を真っ直ぐ上に伸ばして、丹田を突き出すようにし腰骨を伸ばしてください。そして、呼吸の整え方ですが、口を閉じ鼻から息を吸って、丹田まで行き渡るくらい吸って・・・」

 一通りの説明が終わると、引率の人事担当者から補足説明があった。
 「この座禅会は、精神と体を鍛える目的のために会社主催でおこなっているものです。当然、座禅の最中に、集中力散漫と判断できる者や動いた者がいたら、和尚さんに「バシ!」と叩いてもらいますから気合を入れて臨んでください。1度は見逃しますが、2度以上叩かれた者には、この寒さの中、滝行で心身ともにさらに鍛錬してもらうことになります。男女平等ですので女性にも容赦しません。」

 ただでさえ静かな座禅室が、髪の毛が床に落ちる音が聞こえそうなくらいの静寂につつまれた。
 男性は胡座を組み、女性は正座をし、心を落ち着かせ座禅の準備に取り掛かかり始めていた。 ~(2)に続く~

2012年1月20日 (金)

12月度の各種データ

 「人気ページランキング」と「動画視聴ランキング」、および「人気No1作品の紹介(DVD売上実績)」は同一記事として掲載しております。

●人気ページランキング編(12月度)

1位 屋外泥んこMESSY作品集2(DM6)
http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/201103.htm

2位 お水遊び&癒し Vol,4 (OM4)
http://omizuasobi.net/omizu4.html

3位 お水遊び&癒し Vol,3 (OM3)
http://omizuasobi.net/omizu3.html

4位 屋外泥んこMESSY作品集 (DM3)
http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/20067.htm

5位 現役女子学生 WET&MESSY作品集(DM5)
http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/201101.htm




●動画視聴ランキング編(12月度)

1位 屋外泥んこMESSY作品集2 (DM6)
http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/201103.htm

2位 現役女子学生WET&MESSY作品集 (DM5)
http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/201101.htm

3位 お水遊び&癒しVOL.4 (OM4)
http://omizuasobi.net/omizu4.html

4位 女子大生 WET&MESSY編(DM4)
http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/200704.htm

5位 屋外泥んこMESSY作品集 (DM3)
http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/20067.htm




●12月度人気No,1作品の紹介

 5月連続で「屋外泥んこMESSY作品集2 (DM6)」が1位でした。
 「現役女子学生WET&MESSY作品集」や「女子大生 WET&MESSY編(DM4)」も12月度は需要が高まりました。また、RIP関連作品は11月度に比べると微増でした。

 総体的に 「屋外泥んこMESSY作品集2 (DM6)」と筆頭とし、MESSY作品シリーズや「お水遊び&癒し」シリーズのWET作品が11月度合いも堅調でした。

2012年1月14日 (土)

DL写真集に作品追加


Dm5all ダウンロード販売サイト(Gcolle)に昨年1月に発表したDM5(「現役女子学生WET&MESSY作品集」)の写真集の販売を開始しました。
 単品またはセット(WETのみのセット、全作品セット)でのご購入が可能です。
 
 
 WETシーンでは、濃紺のリクルートスーツとOL制服シーンがあります。
DM5nrs まずは、濃紺リクルートスーツ着用のままプールに入っていくのですが、実際に就職活動で使用されたスーツでもありモデルさんは、なかなかプールに入る踏ん切りがつきません。プールの縁に座ってスカートから徐々に濡らして「ウェット」に慣れてもらいます。
 スカートの裾やお尻がびしょ濡れになると、いっきにプールにドボン!一瞬にしてずぶ濡れに!

DM5ols ОL制服着用シーンで着ているの、Office Lady Specialのファンの方のご厚意でいただいたОL制服です。
 新品という事で、最初のうちは水をはじいていましたが、しばらくプールに入っていると、ジャケットもスカートも水を吸い込んでいい按配で濡れ具合がはっきりと分かってきました。そして、バタアシをしたり、平泳ぎなどをして、全身ずぶ濡れになって遊んでもらいました。

 WETシーンを初体験していくうちに、モデルさんはフェチの世界に目覚めてしまったようです。
DM5grs MESSYシーンでは、おろしたてのチャコールグレーリクルートスーツ姿のまま浴室で泥エステの開始です。本来は水着姿、下着姿になって全身と顔に泥を塗っていく訳ですが、もちろんここでは違います。(笑)
 粉末の泥と水を混ぜ合わせて、ドロドロ感たっぷりの泥を作ってもらい、それをリクルートスーツに塗りたぐっていってもらいました。泥だらけになった後は、シャワーを浴びて汚れをゆっくりと落としていきますので、このシーンではWETとMESSYの両方を楽しむことができます。
(完)

 

フォトアルバム更新!


P_a26_02 公開中のフォトアルバム第26弾に写真を追加しました!
 このフォトアルバムへの写真の追加は今回が最後となり、現在の状態のまま今月末までの公開となります。

 フォトアルバム閲覧に必要なパスワード取得のためのクイズの難易度を、今回はかなり下げました。このこともあり、過去2回(問題が難しかったようです)のフォトアルバム閲覧数と比較すると今回はかなり多いようです。

 フォトアルバムの閲覧は完全フリーではなく、クイズを解いてパスワードを取得するというハードルを設けております。
 そのプロセスを経てでもアルバムをご覧になってくださる方がいらっしゃるということが、実は、私にとってはサイト運営や新作作成の大きなモチベーションの一つにもなっています。
 誠に勝手ながら、今後もフォトアルバムの閲覧のためにはパスワードの取得を必須にしていくつもりですが、どうぞお許しください。
(完)

2012年1月12日 (木)

新作映画にリクスー姿!


 年が明けて2週間ほど経とうとしておりますが、就職活動がスタートしている今、リクルートスーツ姿の女子学生を街でよく見かけます。
 生で見るリクスー女子学生も良いですが、テレビや映画の中でたまに観る就活女子学生を演じる女優の姿もなかなかのものです。


 数か月ほど前にドラマ「私が恋愛できない理由」で吉高由里子が就活女子学生を演じ、リクスー姿が見られそうだということをブログで書き、実際、初回から3回目の放送まではリクスー姿を散見することができました。
 その吉高由里子が、1月14日(土)から公開される映画「ロボジー」でも、就活女子学生役をまたもや演じているようです。

 予告編でちょっとだけですがリクスー姿が映っていますので、本編ではそれ相応のリクスー着用シーンが期待できるはずです。ただし、ウェットシーンなどがあるかどうかは分かりません。映画の内容から考えると可能性は低いかもしれません。

 しかし、「ウォーターボーイズ」(WETシーンあり)、「スウィングガールズ」(WET&泥汚れシーンあり)とWAM好きなのかと思ってしまう矢口史靖監督の作品なのでリクスー&WETまたはMESSYといったシーンを密かに期待しています。(笑)
 たとえ、WETシーンなどがなくても、就活中の女子学生と年齢的に変わらない吉高由里子のリクルートスーツ姿を堪能できることは間違いありませんので、リクスーフェチにとっては見所があるとは思います!

 公開後、時間を見つけてチェックしにいく予定です。フェチの性質というもので、こればっかりは仕方ありません。(あっ、もちろん、映画の内容も楽しんでくるつもりです!笑)
(完)

■「ロボジー」公式サイト
http://www.robo-g.jp/

2012年1月 8日 (日)

DLサイトに写真集を追加


DA10p 先日、写真集のダウンロード販売サイト(Gcolle)に新規に1作品追加し販売を開始しました。
 この作品は、約2年前に発表した「現役女子学生 WET&RIP作品集(DA10)」のチャコールグレーリクルートスーツ着用のWET&RIPシーンです。

 
 着衣入浴→RIPという流れで、まずは、空のバスタブの中に座ったまま、ジャグジーからお湯を出します。バスタブの中にお湯が入っていくにつれて、リクルートスーツはお湯の中に徐々に浸かっていき、濡れた箇所が黒く変色していくようすが観察できます。 

Da10rip2 着衣入浴のあとは、モデルさんにRIPを楽しんでもらいました。
 バスタブに全身浸かりながらハサミでスカートやジャケット、ブラウスに切れ込みを入れ、モデルさん自らの手で思いっきりビリビリと音を立てながら引き裂いていきます!
 立ち上がってみると、今さっきまで綺麗に着こなしていたリクルートスーツが見るも無残にボロボロな状態になってしまいました。
(完)

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年、OLS 10周年!


 あけましておめでとうございます!
 今年も今までと変わらないサイトポリシー、運営理念の下に作品の発表やブログ記事の公開などをおこなっていきたいと思っております。
 
 さて、2012年1月1日の今日は、Office Lady Specialが正式オープンしてからちょうど10年経った記念すべき日です。
 2002年1月1日、わずか数作品の写真集の発表から始まりました。
 その後3年間、CDーRで写真集の販売をメインに行なっていましたが、2005年夏にDVDの販売を開始し、以後、動画作品(DVD)の制作・発表へとシフトし現在に至っています。

 しかし、動画(DVD)のみならず、静止画を好む皆様からの強い要望により、昨年の夏から写真集のダウンロード販売を開始しました。(Gcolle
 そして、今年は動画のダウンロード販売も本格的に開始していこうと考えております。もちろん、これまで通り、DVD作品の発表も続けていきます。

 作品制作に関してですが・・・昨年は、大震災の影響で中止せざるをえなかった計画もいくつかありました。屋外でのウェット撮影などがそうなのですが、今年はタイミングを見計らって撮影を敢行する予定です。
 また、昨年ひさしぶりに実現させた泥んこMESSYシーンの撮影も可能であれば今年も行えればと考えております。

 10周年を迎えた2012年、新たな展開も含め、今まで同様のスタンスで作品を発表していきます。今年もよろしくお願い致します!
(完)