ダウンロード販売

  • 動画ダウンロード販売
    Office Lady Special関連の作品のうち、ダウンロードで購入可能な作品の一覧です。分野別、ブランド別に整理してあります。
  • 写真集ダウンロード販売
    Office Lady Special のほとんどすべての作品をGcolleにてダウンロード販売しています。お好きな作品のみの単品販売からお得なセット販売まで対応。

« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

リクルートスーツの季節

 
 今や、一年を通してどの時期でもリクルートスーツ姿の女子学生を見ることができます。
 しかし、そのピークは来春卒業を控えた各種学校の学生の就職活動が本格化する2月後半から5月中旬頃までとなります。私のようなリクルートスーツフェチにとっては、一年で最も嬉しい季節が到来したわけです!(笑)

 最近も、都内のビジネス街で「リクスー娘」を大量に目撃ました。毎日、どこかしらの企業のセミナーや説明会などが開催されているのでしょう。
 また、ビックサイトや有楽町の国際フォーラムなどの施設では、何千人という学生が一堂に会する大規模な就職説明会などが、時々開催されており、最寄駅周辺や接続する電車の中などがリクスー娘で溢れかえる時もあります。黒系統のスーツに身を包んだ学生たちの群れ・・・異様な雰囲気です。


 私がOffice Lady Specialのウェブサイトを開設し、フェチ作品の発表を始めた10年ほど前、就職活動をする女子学生が着用するリクルートスーツの色は濃紺やチャコールグレーがメインでした。しかし、6、7年ほど前から徐々に黒の割合が増えてきて、今や、女性用リクルートスーツの色の主流となっています。

 私はリクルートスーツ姿の女性であれば、その姿を見ているだけでも満足できてしまうのですが、ぜいたくを言えば「濃紺リクルートスーツ(黒に限りなく近い)」着用であれば尚よしです。(笑)
 主流の黒やチャコールグレーも、もちろん好きです。しかし、自分が「リクスー好き」になったきっかけをつくってくれた女性が、就職活動中に着用していたリクルートスーツが「濃紺」だったからでしょうか・・・自然と「濃紺リクルートスーツ」が一番の好みになっており、今に至っています。
(完)

2011年2月25日 (金)

WET画像追加!

 
Photo22add  只今公開中の「フォトアルバム 第22弾」に本日、画像を追加しました。
 前回の続きで、シャワーを浴び濡れたリクルートスーツ姿のままプールに入って泳ぐシーンが中心となっています。
 
 スーツはさらに濡れていき、ライトグレーのリクルートスーツが全身黒っぽく変色していく様をじっくりと観察することができます。これぞ、WETの魅力の一つです!

 
 Office Lady Special公式オープン前に撮影されたものであり、ほとんどが未公開写真です。(一部、ホームページで公開したものも含まれる)
 フォト写真集などでも販売しておりませんので、今回のフォトアルバム企画でのみ閲覧可能な作品です。
 今ではあまり見なくなった「ライトグレー」のリクルートスーツでのWETシーン。Office Lady Specialの原点ともいえる作品を、引き続きお楽しみください。

 次回更新時は、リクルートスーツを切り裂き破いていくRIPシーンの写真を公開します。 
(完)

2011年2月20日 (日)

フォトアルバム 第22弾


 今回のフォトアルバムで公開していくものは、先日のブログに書きましたが「初めてのデジカメ撮影」の時の写真です。

P_a22.jpg  なつかしいもので、あれから、もう10年。
 フェチという言葉の市民権は徐々に浸透し、YouTubeや各種SNSの台頭とその発展に象徴されるように、フェチ作品の制作者・ウェブサイト運営者にとっても、また、閲覧者にとっても「ネット環境」は格段と進化しました。
 さらには携帯電話をはじめ、スマートフォンやアンドロイド搭載のタブレット端末の飛躍的な普及の様相も呈しており、今後の10年はさらにネット環境が進展していくことでしょう。

 時代が変化していく以上、ウェブサイトの運営者・フェチ作品制作者としても、それに対応していくことは非常に重要です。しかし、もっと重要なことは、作品に対する「こだわり」や「情熱」、つまりは、「アイデンティティー」だと考えています。
 
 今フォトアルバムでは、私のフェチ作品の原点ともいえる作品(未公開)を公開していきます。本日と次回更新時はWETシーンを10枚ずつ、そして、その次からはRIPシーンを公開しますのでお楽しみに!

 

 フォトアルバムの入り口は画面内の左下にあるQRコードの上です。


 [フォトアルバムはフリーコンテンツですが誠に勝手ながら以下の2点の閲覧条件があります。]
 ●
1点目はフォトアルバムに関しては携帯からではなくパソコンからしかご覧いただけないこと。
 ●2
点目はフォトアルバムをご覧いただくにはユーザー名とパスワードが必要であること。
(ユーザー名とパスワードは同一で5桁の英数字です。)


 パスワードである5桁の英数字は以下のクイズに答えていただく事で取得できます。問題1~5までの解答番号をつなげた5桁の数字が「ユーザー名=パスワード」となります。

 
※つまり、問題1から問題5までの解答が全て3だとしたら、パスワードは「33333」となりますし、問題1の解答が3で残り全ての解答が4だとしたら、パスワードは「34444」になります。では皆様、クイズにチャレンジしてフォトアルバム閲覧キーを取得して下さい!

 
[問題1]

Office Lady Specialウェブサイトの正式オープン前年はいつか?
1, 2000年
   2,  2001年   3, 2002年  4, 2003年    5, この中には無い

[問題2]
Office Lady Specialウェブサイトの姉妹サイト「お水遊び&癒し」のDVDリリース数は?
1, 2本    2,  3本    3, 4本  4, 5本    5, この中には無い

[問題3]
Office Lady Specialの2010年のDVDリリース数は?
1, 0本   2, 1本    3, 2本   4, 3本    5, この中には無い

[問題4]
Office Lady Specialの2011年の第1作目DVDのジャンルは?
1, WET   2,MESSY   3, WET&MESSY  4, WET&RIP   5, この中には無い

[問題5]
Office Lady Specialの2011年の第1作目DVDの発売日は?
1, 1月20日   2, 1月25日   3,  1月30日  4, 2月10日   5, この中には無い


今回の解答は次のフォトアルバム(23弾)を公開する時に発表します。

【前回の解答】
前回のフォトアルバム第21弾(下記参照)のパスワード(解答)は
「52524」でした。
http://officeladyspecial.lekumo.biz/blog/2011/01/photo21.html

2011年2月13日 (日)

初めてのデジカメ撮影

 
 先日(1月30日)に新作を発表しましたが、フェチ撮影を始めてかれこれ10年が過ぎたんだなと、ふと気づかされました。
 Office Lady Specialウェブサイトの正式オープンは2002年1月なので、来年の1月でちょうど10周年となりますが、2000年頃からフェチ仲間と一緒に、ホームページ開設に向けた「テスト撮影」を何度か行っていました。

First01  気がついてみれば、リクスー姿のモデルさんにカメラを向けてシャッターを押し始めたあの「感動の瞬間」から10年以上が経過していたわけです。
 右の写真は、私が、デジカメで初めてシャッターを押した・・・「記念すべき1枚目」です。第三者が見ても何の変哲のない写真かもしれませんが、撮影者の私にとっては感慨深い1枚です。
 今、自分で写真を見つめなおしてみても、モデルさんの表情や声、びしょ濡れとなって最終的にはビリビリになっていくリクルートスーツ・・・といった撮影時の興奮がよみがえってきます。
 
First02  この撮影を行ったのは、Office Lady Special正式オープン前年の2001年でした。
 撮影を始めるにあたって、当時としては最新鋭のデジカメを購入しました。画素数は300万程で機能もそこそこすぐれていました。
 もちろん、このカメラはとっくに「引退」させておりますが、今となっては、型落ちの携帯電話についているカメラにも画素数・機能ともにまったく及ばない代物です。(笑)

 この時に撮影した写真は、Office Lady Special設立当初、ホームページのコンテンツを充実させる目的で、何枚か公開していました。
 しかし、2002年のホームページ正式オープンと共に開始した「写真集販売」のラインナップに含めなかった「お蔵入り」作品です。
 テスト撮影という意味合いが強かったので、作品内容や質(画質)が、販売には適さないと、当時の私が判断したのでしょう。

First03  一時期公開していたとはいえ、数枚程度だったわけですから、それ以外のほとんどの写真が未公開となります。ウェット(シャワーシーン→プールシーン)に始まり、ビリビリに破いていくリップシーンで終わります。

 Office Lady Specialの原点ともいえる、この「お蔵入り作品」を次回のフォトアルバム(第22弾)で公開していきます!(公開開始は2月20日前後。公開枚数はWET20枚、RIP10枚を予定しています。)
 今では珍しい「ライトグレーのリクルートスーツ」のWET&RIP写真集の公開をお楽しみに!
(完)

2011年2月12日 (土)

1月度人気NO1作品の紹介

 
OM3  1月度のDVD人気ナンバー1作品は、「お水遊び&癒し Vol,4」でも、12月度1位だった「屋外泥んこMESSY」でもなく、意外にも「お水遊び&癒し Vol,3」でした。
 久しぶりに「お水遊び&癒し Vol,3」が1位に返り咲きましたが、1月度に関しては1位から4位まではほとんど差がありませんでした。
 先月(12月度発表時)、「屋外泥んこMESSY」が1位になって驚いたわけですが、1月度もある意味、旧作とも言える作品が1位になりました。

 また、1月30日発売の新作「現役女子学生 WET&MESSY作品集」は1月度としては数的に大したことはありませんでしたが、2月度では間違いなく1位になると思われます。

 1月度全体の傾向としては、MESSY,RIPシーンを含む作品の人気が顕著だったものの、WET作品である「お水遊び&癒し」シリーズが依然として高い人気を維持してくれました。
(完)

 

2011年2月 7日 (月)

アクセスデータ 1月度

「人気ページランキング」と「動画視聴ランキング」は、同一記事で発表しております。

●人気ページランキング編(1月度) 

1位 現役女子学生 WET&MESSY作品集(DM5)
http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/201101.htm

2位 お水遊び&癒し Vol,4 (OM4)

http://omizuasobi.net/omizu4.html

3位 現役女子学生 WET&RIP作品集(DA10)

http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/201001.htm

4位 屋外泥んこMESSY(DM3)

http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/20067.htm

5位 現役女子大生 WET&MESSY編(DM4)

http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/200704.htm


 1月度のアクセスランキングでは、やはり、新作の「現役女子学生WET&MESSY作品集」が1位となりました。1月3日に、この作品の紹介ページを開設して以来、極端にこのページへのアクセスが集中しました。

 相変わらず高い人気を維持しているWET単独作品である「お水遊び&癒し Vol,4 (OM4)」が2位になりましたが、3位以下は全て、MESSY,RIPシーンを含む、WET単独作品以外の作品でした。

 さすがに、1月度のアクセスランキングは、夏場に上位を独占していたWET作品が姿をけし、冬場の傾向が強まった感があります。
6位以下も同様でした。 



●動画視聴ランキング編(1月度) 

1位 現役女子学生 WET&RIP作品集 (DA10)
http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/201001.htm


2位 屋外泥んこメッシー (DM3)
http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/20067.htm

3位 お水遊び&癒しVOL.4 (OM4)

http://omizuasobi.net/omizu4.html

4位 現役女子大生 WET&MESSY編(DM4)
http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/200704.htm

5位 現役女子学生WET&MESSY作品集 (DM5)
http://officeladyspecial-wetmessyrip-uniform.com/201101.htm


 1月度の動画視聴ランキングのトップ5にMESSY作品が3つも入りました。
 この現象は、新作の「現役女子学生WET&MESSY作品集」の関連作品として視聴されたものと推察できます。

 その新作「現役女子学生WET&MESSY作品集」の1月度視聴ランキングは5位ではありましたが、1月24日からのサンプル動画公開であったことを考えると、1日平均の視聴数は相当あったことを物語っています。

 YouTubeでも動画公開し、このブログからもリンクをはってありますが、どうやら、ブログ→Youtubeという視聴経路よりも、Office Lady Special内で視聴された方が多かったようです。
 たしかに、ブログのトップページよりも、ホームページのトップページの方がアクセス数が多いことを考えると当然のことかもしれません。
(完)